093-474-3108

定休:日曜日・祝日

093-474-3108

営業時間 9:00〜19:00

予約はお電話
にて受付

【腰から左背中と鼠径部にかけての激痛の症例】(北九州市小倉南区30代女性)

【腰から左背中と鼠径部にかけての激痛の症例】(北九州市小倉南区30代女性)

こんにちは!
北九州市のガーデン小倉南整体院の山田です。
暑い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
水分をこまめにとり、熱中症には気をつけてくださいね。

さて、今回は腰痛症状の症例ブログをご紹介いたします。

■来院された方:北九州市小倉南区在住・30代・女性
■主な症状:腰から左背中と鼠径部にかけての激痛

来院までの経緯

 

普段から慢性的な肩こりと腰痛があったが、定期的にマッサージに行って身体のメンテナンスをしていました。

2週間前に趣味の卓球の練習中に腰に違和感があったが、そのまま練習を続けて自宅に帰り、駐車場で車から降りようとしたときに左お尻あたりに激痛があり、なんとか自宅につきました。

それから、腰の痛みが酷くなりマッサージに行ったが余り痛みが変わらなかった。

数日間、様子をみていたけど、だんだんと左背中や鼠径部(股関節の前)にも痛みが現れ真っ直ぐ立つのも困難になった。

今まで経験したことのない痛みが出てきたので不安になり、インターネットで検索して当院のホームページをみつけて来院しました。

初回来院時の主な悩み

 

初回のカウンセリングでお聞きした、ご利用者様のお悩みポイント

  • 腰が痛いが特に左お尻あたりが痛い
  • 左右股関節前の激痛
  • 左太もも裏側のシビレ
  • 背中の痛み特に左側
  • 真っ直ぐ立てない(維持できない)
  • 歩くのが辛くなっている

 

初回来院時の主な身体の評価

 

初回のカウンセリング後のお身体の整形外科的徒手検査の結果

  • 左骨盤の関節(仙腸関節)の機能異常あり
  • 左腰部肋椎関節(腰の関節)の機能異常あり
  • 広背筋(背中の筋肉)の過度な緊張が著明
  • 両鼠径部(股関節の前あたり)の炎症及び可動域制限あり
  • ハムストリングス(太もも裏の筋肉)の圧痛及び筋緊張あり

卓球での練習中に腰の関節を痛め機能異常を起こし、各部位に負荷がかかり続けて、だんだんと背中や鼠径部に痛みがでていると推察しました。

また、筋膜によって繋がった関連部位が筋緊張を起こし、全身的に様々な症状を引き起こしていると考えられる。

先ずは、痛みの発端と考えられる骨盤から整えていくことを、ご利用者様にお伝えし、施術を行う事に納得をいただきました。

 

施術経過

■初回

初回は骨盤(仙腸関節)を整える施術にほぼ特化した内容で関節の可動域を改善させていきました。

結果、施術直後には腰の痛みが半分ちかく軽減する。関連部位の事もお伝えして、3スッテプでの治療を行う施術計画をお話しする。

また、この日は日常で気を付ける注意事項や腰と鼠径部の改善目的でのセルフケア方法をお伝えする。

2回目

前回の施術から3日後に来院。腰の痛みは少し和らいだとの報告がありました。

この日は、骨盤を中心に関節や筋肉・筋膜を整える施術を行う。

最後にご利用者様の現在のお身体の状態を説明しました。

3回目~4回目

来院は4日に一回のペースで施術を行う。

施術内容は運動療法を中心とした関節や筋膜を整えていく、施術を追加する。

4回目の施術より鼠径部の痛みが緩和する。

5回目~8回目

来院は1週間に一回のペースで施術を行う。

8回目で関連部位の筋肉の過度な緊張も消失。骨盤や股関節の動きもしっかりと定着しているので、8回目で施術計画は終了する。

現在は、趣味の卓球をスムーズに行える身体づくりの目的で、月に1回の施術を行っています。

ご利用者様にいただいた感想

いままで経験したことのない痛みにおそわれ不安でした。様子をみていたけど、一向に良くなる気配がなく怖かったけど、院長にお話しして気持ちが楽になりました。カラダのことや治療の計画まで考えてくれて、感謝しています。

卓球ができるようになったのが、本当にうれしい。

※個人の感想を掲載しております。効果を保証するものではありません。

 

院長から

山田院長来院されたときは、本当に辛そうな表情でしたが、施術を行って行くうちに気持ちも楽になっていってることがわかりました。

なぜ真っ直ぐたてないの?
なぜ他まで痛みがでているの?

が、とても不安だとおもいます。

まずはその原因を知ることが大切です。身体は全身繋がっているので、どこかが不調を起こすと、そこをカバーする為、各部位が過剰に頑張ろうとします。

結果、今まで痛くなっかた部位まで炎症を起こし痛みが出現するようになります。また、痛みやしびれの症状は、その人が歩んできた歴史に基づいて発生します。

ご年齢を重ねれば重ねるだけ、発生原因は複雑化する傾向にあります。

強い症状を発生させないためにも、ぜひ1年後10年後を見据えて今の生活を見直すことも大事です。

また、ご趣味の卓球が再開できて、私もとても嬉しいです。今後も全力でサポートいたしますね!

予約・お問い合わせ

下記をクリックすると、予約・お問い合わせが可能です。
一人で悩まずお問い合わせ下さい。

  • ・お電話で【ご予約】・【お問い合わせ】の場合は、こちら
  • ・WEBで【ご予約】・【お問い合わせ】の場合は、こちら
  • ・LINEで【ご予約】・【お問い合わせ】の場合は、こちら
山田院長

この記事を書いた人

山田 和也
1974年5月30日生まれ。北九州市小倉南区出身。
【保有資格】
柔道整復師(国家資格)
【経歴】
山口県下関市の整骨院で院長として4年勤務後、地元である北九州市小倉南区で整体院を開業する。臨床経験9年・延べ27000人の施術を行う。(平成30年10月現在)