093-474-3108

定休:日曜日・祝日

093-474-3108

営業時間 9:00〜19:00

予約はお電話
にて受付

レントゲン検査で異常なし。
しかし、脚がシビレて凄く不安なあなたへ
坐骨神経痛は原因を見極め施術を行えば解決できる症状です。

こんな症状でお困りではありませんか?

挫骨神経痛

  • レントゲン検査で異常なし。しかし、脚がシビレて凄く不安
  • ブロック注射をしているが効果を感じられない
  • 歩く時にだんだん脚に力が入らなくなり不安
  • 腰のコルセットが手放せない
  • 脚がシビレて歩くことがつらいので何もしたくない
  • 常に下肢に違和感がある
  • ロキソニン・リリカを飲んでるのに一向によくならない

病院や整体院に行ったけど解決しなかったその坐骨神経痛、当院にお任せください!
坐骨神経痛と一言でいっても症状がでてきた過程は一人一人違います。ましてや年齢・ライフスタイル・癖なども一人一人全く違います。だからこそ、当院では徹底したカウセリング・評価を重視しています。あなたを悩ませるその坐骨神経痛の痛み、当院で解決しませんか?

ガーデン小倉南整体院で施術を受けられた方の喜びの声

お客様との2ショット画像

施術に痛みは全くなく、不思議なほど改善を実感出来ます。

40代男性 北九州市小倉北区在住

お客様声ヒデ様

 

Q1. 当院を知ったキッカケは何でしたか?
紹介

Q2. 当院に来る前は何か対処をしていましたか?
マッサージによる血行促進。

Q3. 当院に来る前はどんな痛みや不安がありましたか?
両足のしびれ、関節の固さ。

Q4. 施術を受けてどうでしたか?
腰周りの柔軟さを実感しました。

Q5. 現在の痛み(悩み)の経過はいかがですか?
痛みも軽減し、今後も通いたいです。

Q6. 痛みで悩んでいる方へアドバイスをお願いいたします
施術に痛みは全くなく、不思議なほど改善を実感出来ます。

※個人の感想を掲載しております。効果を保証するものではありません

安心してまかせられるので、不安な気持ちもなく動きもスムーズになりました。

50代女性 北九州市小倉在住

お客様声ふーちゃん様

 

Q1. 当院を知ったキッカケは何でしたか?
ホームページ

Q2. 当院に来る前は何か対処をしていましたか?
整形外科院に行っていました。整骨院にも行き施術をしましたが、良くなりません。

Q3. 当院に来る前はどんな痛みや不安がありましたか?
腰痛がひどく朝、起きた時から痛みがあり、ひどい時は動いても痛みがあり、不安に思っていました。

Q4. 施術を受けてどうでしたか?
腰痛の痛みもなくなり、先生の説明もくわしく安心してまかせられるので、不安な気持ちもなく動きもスムーズになりました。

Q5. 現在の痛み(悩み)の経過はいかがですか?
こちらに通院するようになり、腰痛の悩みがなくなり経過が良いので、先生が大丈夫と言われるまで通いたいです。

Q6. 痛みで悩んでいる方へアドバイスをお願いいたします
身体が痛いのは自分じゃないとわからないですよね。でも、こちらの先生は、その痛みを取りのぞいて、しっかりした施術で痛みがうそのようになくなり、知人にもすすめたいと思っています。

※個人の感想を掲載しております。効果を保証するものではありません

家で出来る運動、気を付ける事等も丁寧に教えてくださいます。

40代女性 北九州市在住

お客様声 M子様

 

Q1. 当院を知ったキッカケは何でしたか?
通りがかり

Q2. 当院に来る前は何か対処をしていましたか?
もみほぐしやマッサージ。

Q3. 当院に来る前はどんな痛みや不安がありましたか?
左の股関節の痛みと腰部の軽いしびれ、肩こり。

Q4. 施術を受けてどうでしたか?
今でも受けた中で一番優しい施術で「本当に効くのかな?」と思っていましたが、施術後、可動域が広がり、痛みが少なくなっていて本当に驚きました。

Q5. 現在の痛み(悩み)の経過はいかがですか?
一度の施術での効果がすごく大きくて、今後も楽しみです。

Q6. 痛みで悩んでいる方へアドバイスをお願いいたします
痛みの原因の説明も分かりやすく、家で出来る運動、気を付ける事等も丁寧に教えてくださいます。

※個人の感想を掲載しております。効果を保証するものではありません

ガーデン小倉南整体院を推薦する声

山田先生ならあなたの悩みを
必ず解決してくれます山内義弘先生画像

AKS治療スタジオ 山内義弘先生

山田先生とは、東京の勉強会でご一緒したご縁です。彼は自身のご利用者様の痛みをもっともっと解決するために、常に施術技術の向上を図っている素晴らしい先生でとても尊敬出来ます!
整形外科、整骨院・接骨院、マッサージなど3軒以上に通ったが痛みが改善されなかった方は特におすすめです。

その理由は3つ!

①丁寧なカウセリング
②本当の原因がわかる評価
③的確で効果的なAKS施術法

これにより、あなたの本当に解決したいことを導き出すことに加え、痛みの根本的原因まで取り除いてくれること間違いなしです! なぜ!?ここまで推薦できるのかと言うと私が、山田先生に腰や首を施術してもらって、本当に楽になっているからです! 痛みで悩んでいる方は、ぜひ一度山田先生にみてもらってください。必ずなんとかしてくれますよ!

※個人の感想を掲載しております。効果を保証するものではありません

1度は行ってみる価値絶対にあります!
西川剛先生画像

レッツゴー整骨院 西川剛先生

東京で整骨院をしている西川と申します。
山田先生との出会いは難治の症状を改善する為の研修会でした。良く言われていたのは、「改善しないご利用者様をとにかく改善させたい。!!」と営業力ではなく、ご利用者様を自分の技術力で症状を改善して、経営していくと強く感じました。しかも、研修場所は、東京、遠くてもご利用者様の為に東京まで通い続けられてました。そんな熱くて、優しい山田先生と一緒に勉強できて、幸せです。

山田先生の技術力は、すばらしく、専門である腰痛をはじめ様々な症状を改善へと導いてくれると思います。九州地方の方で根本改善を目指す方、長年改善しない方、手術を勧められ方、ガーデン小倉南整体院に1度は行ってみる価値絶対にあります。優しいですよ山田先生!!

※個人の感想を掲載しております。効果を保証するものではありません

当院で施術を受けられた方は
こんな質の高い毎日を手に入れられています

笑顔の女性

  • 痛み止めを飲まなくてもよくなた
  • 歩く時のシビレが気になくなりテンポよく歩ける
  • 痛みで諦めていたヨガをまた再開できた
  • ヒールを履いていてもお尻と脚の痛みがなくなった
  • 時間が掛かっていた家事がスムーズにこなせる
  • 痛みのストレスが無くなり前向きに過ごせるようになった
  • 何かあってもここがあるので心強い
  • 自分自身でも予防する意識がたかくなった

あなたの坐骨神経痛のタイプはどれですか?

坐骨神経痛は病名ではなく、お尻から足先までの間にピリピリやジンジンした痛みやシビレがある「症状」を指し、その原因はさまざまです。また、末梢神経の中でも太くて長いのが特徴で、最も太い所では大人の親指くらいの大きさがあります。

坐骨神経
腰椎と仙骨からはじまり、お尻の筋肉である梨状筋という筋肉の下を通って太ももの裏を通り、膝の裏側で二つの神経に分かれます。
つまり、坐骨神経痛とは、神経が腰椎の隙間から出て、骨盤をくぐり、お尻から出るまでのどこかで、神経が圧迫されて引き起こされるシビレのことです。代表的なものとして、腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・梨状筋症候群など原因は多岐にわたります。

坐骨神経痛の症状の現れかたは、人によりさまざまです。代表的な症状を説明していきますので、あなたの症状と似たところはないか照らし合わせてみて下さい。

タイプ1
『椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛』

ヘルニア腰骨(腰椎)は5個あり、その間には椎間板と呼ばれるクッションの役割をする軟骨があります。
腰への負担、背骨のゆがみ、加齢などが原因で椎間板が変性を起こし、一部飛び出た椎間板が神経に触れて、お尻や脚のシビレを引き起こします。

お尻~太ももの後面~すねの前や外側にかけて、鋭い痛みやシビレを感じる。痛みは座っている時や腰を曲げると強くなり、横になって寝たり、立った姿勢の方が比較的楽なことが多い。そして、脚に力が入りにくく、歩きにくかったり、つま先が引っかかったりする。

タイプ2
『脊柱管狭窄症による坐骨神経痛』

腰痛シニア男性加齢に伴う背骨の老化などにより、腰の背骨にある脊髄神経を通しているトンネルが狭くなり神経が圧迫されて、腰や脚などの痛みやシビレがでてくる症状です。

特徴としては、歩いているうちにだんだんと足にかけて痛みやシビレが出て歩けなくなり、しばらく休むとまた歩けるようになりますが、またしばらく歩くと痛みやシビレが出てきます。継続して歩ける時間は症状の状態により数分から数十分と違ってきます。これは、間欠性跛行(かんけつせいはこう)と言って脊柱管狭窄症の代表的な症状です。また、前かがみになると症状は軽くなるか無くなり、腰を反らすと痛みが強くなるのも特徴です。

さらに症状が悪化すると排尿障害、肛門周辺の熱感などの異常が現れます。

タイプ3
『梨状筋症候群による坐骨神経痛』

梨状筋梨状筋症候群とは、お尻にある梨状筋に坐骨神経が圧迫されることで痛みやしびれを生じる症状です。この、梨状筋は本来やわらかい筋肉ですが、何らかの原因で硬くなると、坐骨神経に影響を与えることがあります。

お尻~ふくらはぎにかけての痛みやシビレの症状がみられます。継続するチクチクとした鋭い痛みが代表的です。スポーツや長時間の座位など、お尻に強いストレスがかかる方に多く見られます。

筋肉はレントゲン画像では映らないため、発見されづらいという現状があります。

タイプ4
『原因が特定できない坐骨神経痛』

疑問現在、新聞やテレビなどでも取り上げられている「腰痛の85%が原因不明」という事実あります。

坐骨神経痛を訴える方の中には、レントゲンを撮っても腰には何も異常のない場合もあります。あえて言えば、腰の骨と骨の間隔が狭くなっていたり、腰の正常なカーブがなくまっすぐだったりなど・・・。

こういった場合、原因が不明となり、何も分からないまま薬を処方されます。

しかし、これはあくまで画像検査での見解であり、腰痛・坐骨神経痛を日々みさせてもらっている私からすれば「原因不明の腰痛はない」と考えています。病院ではレントゲン・MRIなどの画像検査を行い、背骨や椎間板の異常、神経の圧迫などをチェックしますが、そこに原因がない場合は背骨や椎間板など以外に、骨盤、背骨、股関節、筋肉の緊張などをチェックしていかないといけません。これらの評価をきちんと行い、坐骨神経痛の原因をつきとめることで的確な施術ができると言えます。

しかし、こういうときは手術が必要です

実際は、本当に手術が必要な坐骨神経痛はごく少数ですが本当に緊急をともなう場合もあります。

  • ・痛みやシビレがひどくなってきて、日常生活に大きく支障がでている場合
  • ・急に筋力低下が激しい場合
  • ・排尿障害がある場合

など、あるときは病院での受診をお勧めします。
当院でもはじめのカウンセリングの時に、必ずみさせていただいています。坐骨神経痛は原因が解消されれば、症状の改善率・軽減率が期待できる症状です。

諦めかけた痛み・シビレが当院で良くなる理由

当院には何軒も病院・鍼灸院・整体院に行ったけど症状が解決しなかったと言われる方が多く来院されます。

中には、「この先も痛みやシビレと一生付き合っていくしかない」と諦めている方もいますが、坐骨神経痛はしっかりと症状の原因を見極め適切な施術を行えば解決できない症状ではありません!

そういった方々が当院でその悩みを解決していくには、理由があります。

理由その1
徹底的なカウンセリングと評価で原因を明確にしていきます

カウンセリングの様子

坐骨神経痛を解決させるためには、まずその原因を知る必要があると私は考えています。当たり前のように感じるかもしれませんが、実は原因を特定するのは簡単ではありません。

上記でもお話ししましたが、坐骨神経痛はタイプがそれぞれあります。だからこそ、なぜ、痛み・シビレが起きているのか?をしかっり考えて、カウンセリング・評価を行います。

身体の基本的な構造は誰もがほぼ同じです。しかし、年齢・体型・生活環境も違えば、施術したときの反応も人それぞれ異なります。そのためマニュアル通りの施術では良い成果を得ることができません。

大まかに言うと痛み・シビレの原因は関節性・筋肉性・神経性(椎間板)の3つに分けることができます。
どこが原因で痛みがでているのかを明確にしていくため、しっかりとカウセリング・検査を行い一日でも早い回復を目指します。

理由その2
原因を明確にしていくため、3つのステップで施術を行い解決に導く

坐骨神経痛施術風景

『ステップ1:骨盤の関節の施術』

先ずは、関節性が機能異常を起こして痛みがでているのか?を評価をして機能異常があれば施術を行います。結果、痛みが軽減するのか?しないのか?を見極めていきます。なぜ、関節からなのか?と言うと「動作時痛(動く時に痛い)」の場合は関節に機能異常を起こして痛みやシビレを起こしているケースが多いからです。

そして、関節が機能異常を起こしているのに筋肉に対する施術を行っても良い成果を得ることができないからです。

関節の働きを調整することにより以下の効果があります。

  • 関節性の痛み・シビレの軽減
  • 可動域制限の改善
  • 運動パフォーマンス向上

関節を調整しても全く変化がなければ次のステップ筋肉性へと施術を行います。

『ステップ2:骨盤前の筋肉やお尻のこり固まりの施術』

筋肉性の施術では、評価を行いこり固まった(伸び縮みが悪い)筋肉を明確にしていきます。特に脚のシビレと関係しているのが骨盤前の筋肉・お尻の筋肉のこり固まりです。それは、骨盤前の筋肉・お尻のこり固まりが、坐骨神経を絞め付けている可能性があるからです。

そして、機能異常を起こしている筋肉にアプローチを行い、本来の機能を取り戻していきます。筋の機能を調整することにより、筋本来の伸び縮みを獲得し、以下のメリットがあります。

  • 筋肉性の痛み・シビレの軽減
  • 可動域制限の改善
  • 運動パフォーマンス向上

『ステップ3:腰骨の筋のこり固まりの施術』

そして、骨盤前の筋肉・お尻の筋肉の機能も取り戻して痛みが全く変わらなければ腰骨の筋のこり固まりと施術を行います。
関節・骨盤前の筋肉・お尻の筋肉で全く変化がない場合のほとんどは「腰椎のストレート化」や「腰椎の過度な弯曲」が原因です。

背骨腰椎腰椎は、正常では滑らかなカーブを描き、このカーブが様々な衝撃を分散して、腰椎やその中の神経を守ります。
しかし、長時間の前傾姿勢、重たい物を持つなど様々な要因で、腰骨の筋がこり固まりを起こし、だんだんと腰椎の正常なカーブが失われいきます。

すると「腰椎のストレート化」や「腰椎の過度な弯曲」になり、衝撃が椎間板や腰骨に負担をかけやすくなり、脚の痛みやしびれを引き起こしてしまいます。なので、関節・骨盤前の筋肉・お尻の筋肉が正常な機能を取り戻しているにもかかわらず、全く変化がない場合は、この腰骨の筋のこり固まりの評価を行い施術をします。そして、腰椎が正常で滑らかなカーブをつくり、うまく衝撃を分散できるようにしていきます。結果、坐骨神経痛の痛みやシビレといった辛い症状から解放されるのです。

このように、関節→筋→椎間板と順を追ってアプローチすることにより、痛みの原因が明確になり根本的に解決を目指せます!

理由その3
アフターケアで早期改善や再発防止を目指します。

アフターフォローの様子

長い期間、慢性的に痛み・シビレに苦しんでいる方の場合は、身体に改善を妨げる悪い癖が染みついている事が多いです。
だから、当院では施術後のアフターケアに力をいれています。
理由は施術を受ける時間よりも、それ以外の日常の時間がはるかに長いからです。
日常生活の中で一日でも早く症状を改善していただくために、普段日常で気を付けてほしいことや、やっていただきたいストレッチ、トレーニングなどを明確にお伝えさせて頂くことで早期改善や再発防止を目指すことができます。

どれぐらい通えば症状は良くなりますか?

当院は「とにかく1回で良くしてほしい」という方には合わない整体院です。
しかし、少し時間は掛かっても「本当に健康的な身体を手に入れたい」と、思っている方には価値のある施術をご提供する自信はあります。症状・年齢・生活習慣により異なりますが、これまでの臨床経験で参考として、ある程度の目安はお伝えすることができます。

痛み・シビレが落ち着くまでの施術回数(目安)

  • ・軽症・・・5回~9回
  • ・中症・・・10回~15回
  • ・重症・・・16回~

いくつか当院の症状事例をご紹介します。

症例1 回数8回 期間79日間 販売業 女性25歳

趣味でピアノを弾いていて、長時間座っているとお尻から足にシビレがでてきて違和感に困っていました。腰痛は少しあっただけなのですが、だんだんとシビレが強くなりピアノだけじゃなく家事をするにも影響がでてきた。以前から当院が気になっていて、来院する。

施術経過:

1回目~4回目

週に1回通院で、股関節と骨盤回りの筋肉の調整を行い、シビレが大幅に減少。セルフケアを伝える。

5回目~8回目

2週に1回通院で、骨盤をはじめ全身の調整を行い、シビレがほぼなくなる。ピアノも以前のようにできるが、再発防止のため長時間座っているときのアドバイスをする。

症例2 回数13回 期間81日 パート従業員 女性44歳

数か月前から座っていたら、お尻に痛みとつっぱりを感じる。気になるが、そのまま放置してたら脚まで痛みとシビレがでてきて、仕事にも支障がでてきた。よくなると思って放っておいたら、激痛が走るようになりシビレが強くなってきたので怖くなり、病院に行くが異常なし。姉の紹介で来院。

施術経過:

1回目~7回目

週に2回の施術を行う。骨盤を中心に関節と筋肉のこり固まりを調整する。それにより激痛がなくなる。日常でのセルフケアを伝える。

8回目~16回目

週に1回の施術を行う。背骨や脚の調整を加えバランスを整えていく。骨盤やお尻のこり感が気にならなくなる。シビレも気にならい程まで激減する。その後は2ヶ月に1回のペースで全身のバランスを定期的に整えている。

症例3 回数21回 期間131日 工場勤務 男性38歳

仕事中に力仕事をすることが多くなり、最初は腰に痛みを感じていた。無理をするたびに足に違和感を感じはじめていたが、違和感がシビレに変わって、左脚をびっこを引かずにはいれない状態にまでになる。病院に行きレントゲン検査で腰骨が少し狭くなっているが異常なし。特に夜と朝に痛みとシビレが強く、身体を少し動かすのも辛くなり、限界を感じて同僚の紹介で来院。

施術経過:

1回目~10回目

週に2回の施術。初回に姿勢をみると身体全体が左に傾いており、シビレで脚に力が入らない状態。シビレを楽にするために下半身の関節を中心とした施術を行う。自宅でのセルフケアも行う。痛みは5割程度となりシビレが楽な日もでてくる。

11回目~15回目

引き続き週に2回の施術。骨盤の関節も行い全身調整もくわえる。痛みは4割程になり、日によってはシビレが気にならない日もでてくる。自宅でのセルフケア継続中。

16回目~21回目

週に1回の施術。全身のバランスが整いはじめた。全身の左右差も気になくなりシビレ・痛みはほぼ感じなくなったが疲れが溜まると違和感がでてくる。現在は1ヶ月に2回のペースで症状が再発しにくい身体作りをしている。

(以上、当院のいくつかの症例をご紹介しましたが、個人差はありますのでご理解ください)

この様に本当に良くなるには、通院が必要です。
一瞬にして出来たケガの傷が、何日もかけて良くなっていくように何年もかけて悪くなってしまった慢性的な症状の方は、徐々に良くなっていきます。身体の状態は、悪くなるにも、良くなるにも過程があります。

一回一回、施術での効果を積み重ねていった先に理想の未来があります。しかし、通院期間がどれくらいになるのか不安な方もおられると思います。

私はプロとして早期回復を目指し、最適な施術計画は提案しますが、意味のない通院をすすめたりは決してありません。

良くなるまでの大まかな目安は、初回カウンセリングの時に丁寧にご説明いたします。そして、その提案を納得して決めるのはあなたですので、安心して下さいね。

施術を受ける前によくある質問

バキバキやゴリゴリするような痛い施術はしますか?

関節や筋肉を施術しますが、とても優しい刺激なので、お子様からご年配者様まで受けれる安心安全な施術です。

うつ伏せや仰向けに寝ると酷く痛みが出ますが施術は可能でしょうか?

はい、大丈夫です。あなたの出来る体勢で施術は可能ですのでご安心ください。

翌日に痛くなるようなことはありますか?

稀に、だるさを覚える方はいますが、40人~50人に1人ぐらいの割合です。
そのだるさも1日~2日で治まりますので、ご安心ください。

病院で手術をすすめられていますが、それでも大丈夫ですか?

すべてに対応できませんが、手術をすすめられた方でも良くなった症例もございますので、一度ご相談ください。 →お問い合わせはこちら

どんな服装で行けばいいですか?

ジャージなど動きやすい服装が理想です。ジーパンやスカートなどは避けていただければ幸いです。また、当院でのお着替えも可能です。

最後に院長から

院長先生画像2長年の悪い姿勢や習慣が重なり、本来の自然な背骨のS字カーブが乱れて身体のバランスが悪くなり、歩く時など腰部や脚に負担がかかります。身体は連動しているので本来は機能しないといけない部位が機能してなく、結果として腰や脚に負担がかかり続けて痛み・シビレの症状がでます。

当院に来院される方で「この先も痛みやシビレと一生付き合っていくしかない」と不安に言われる方もいます。しかし、坐骨神経痛はしっかりと症状の原因を見極め適切な施術を行えば解決できない症状ではありません!

また、当院では自宅で出来るセルフケア法をお伝えしています。そして、自分の身体をコントロールできるようになっていただき、痛みやシビレが再発しにくい健康な身体づくりを目指します。

そして、なかには整体院・整骨院・鍼灸院などで対応してはいけない重大な症状もあり、当院ではそういった可能性も視野にいれ、カウセリング・評価を行い一日でも早い回復を目指しています。

あなたを悩ませるその痛みやシビレを一つずつ当院で解決しませんか?

私は諦めず最後まであなたに寄り添います。そして、整体を通じてあなたの理想の生き方の実現をお手伝いできることを楽しみにしています。
痛みやシビレから解放されたあなたは家事、仕事など気持ちよくこなせるようになるでしょう。好きな趣味やスポーツにも没頭できたり。やりたかったことができるようになると、生活の質が格段に豊かになります。あなたの人生がこれから先、より良く『笑顔』になれるように、サポートできれば幸いです。

症例一覧

ディスクワーク腰痛

【右お尻のシビレたような痛みの改善症例】(北九州市50代女性)

こんにちは! 北九州市のガーデン小倉南整体院の山田です。 当院で整体を受けられた方をご紹介する症例ブログです。 ■来院された方:北九州市在住・50代・女性 ■主な症状:右お尻のシビレ 来院までの経緯   一年前にヨガ教室で身体をひねった動作時に腰あたりがギックっと音がしたような気がした。その時は腰に痛みが強く
続きを読む
コメントなし

おすすめ記事

腰痛イメージ画像

腰部ヘルニア以外にもよくある脚のシビレの原因

こんにちは! 北九州市のガーデン小倉南整体院の山田です。 腰椎椎間板ヘルニア以外に腰の痛みや脚のシビレの原因となる症状に、腰部脊柱管狭窄症・腰椎分離症・腰椎すべり症と言う症状があります。 では、こういった症状はどんな事が原因で? どういった症状が起きるのか? 少し、お話ししていきたいと思います。 脊柱管狭窄症 &nbs
続きを読む
コメントなし