093-474-3108

定休:日曜日・祝日

093-474-3108

営業時間 9:00〜19:00

予約はお電話
にて受付

【頭が締め付けられる頭痛の症例】( 小倉南区30代女性)

【頭が締め付けられる頭痛の症例】( 小倉南区30代女性)

こんにちは!
北九州市のガーデン小倉南整体院の山田です。

今回は頭が何かで締め付けられる感覚がする頭痛の症状事例をご紹介いたします。

■来院された方:小倉南区在住・30代・女性
■主な症状:頭を締め付けられるような頭痛

来院までの経緯

 

半年前から自宅での仕事が忙しくなり、首から肩にかけて違和感を感じるようになった。自分でセルフケアをしていたが、1ヶ月前から頭が締め付けられるような頭痛がするようになった。

病院に行って検査を受け異常なし、薬を飲んでいたが楽になる気配がなく、最近では吐き気もあり、また夜の睡眠時に熟睡もできず仕事にも影響がでてきて知人の紹介で当院に来院しました。

初回来院時の主な悩み

 

初回のカウンセリングでお聞きした、ご利用者様のお悩みポイント

  • 頭を締め付けられるような痛み
  • 首を動かすと肩にかけて痛みがある
  • 右腕を回すとゴリゴリ音がする
  • 頭が痛く仕事に集中できない

 

初回来院時の主な身体の評価

 

初回のカウンセリング後のお身体の整形外科的徒手検査の結果

  • 頸部の伸展方向の可動域制限(+)
  • 頭板状筋(首の筋肉)の圧痛(+)
  • 僧帽筋(背中の筋肉)の過度な緊張(+)
  • 右腕外転運動の運動痛(+)

今回、徒手検査の結果で背中や首の筋肉の過度な筋肉の緊張が血流不足を起こして、頭痛の引き金になっているのではないかと推察しました。

こり固まった筋肉に血管が押しつぶされた状態になり、本来脳にも供給するはずの酸素が欠乏していると考えられる。

頭部を支える筋肉の過度な緊張による、緊張性頭痛が疑われた。

 

施術経過

■初回

初回は筋肉が過度に緊張した頚部をメインに肩・背中の調整を行った。

施術後はだるさはあるが、頭がスッキリする感覚があるとのことであった。

また、日常で気を付ける注意事項や自宅で出来るセルフケア方法をお伝えする。

2回目

前回の施術から4日後に来院。

数日間は頭痛はあったが、そんなにひどい頭痛はなかったとのこと。

この日も頚部と背中を中心に関節や筋肉・筋膜を整える施術を行う。

3回目

前回の施術から5日後に来院。

頭痛が少し楽になっているとの報告がありました。また、吐き気はなくなった。

施術は首と肩甲骨の可動域向上する目的で筋肉・筋膜を中心とした施術を行う。

また、施術後に今後の方針を伝え自宅で出来るセルフケア法を追加する。

4回目~5回目

来院は1週間に一回のペースで施術を行う。

4回目で頭痛は消失し右腕の可動域も良くなる。夜も熟睡でき仕事に集中できるのこと。

5回目で首と背中や関連部位の過度な筋緊張も消失。
また、再検査を行い可動域もしっかりと定着。ここで施術計画は終了。

現在は1ヶ月ごとにお身体のケアに来院を続けられ、大きな頭痛は再発していない。

ご利用者様にいただいた感想

初回は緊張しましたが、どのように辛いのか、何をするとひどくなるのかなど、話をしっかり聞いて頂き、安心しました。

今では視界が明るくなり、頭もスッキリして首や肩、全身が軽くなった感じがします。定期的に通ってメンテナンスしようと思います。

※個人の感想を掲載しております。効果を保証するものではありません。

 

院長から

山田院長今回のご利用者さまの症状事例は筋肉の過剰な緊張によって引き起こされる緊張性頭痛でした。

この頭痛はデスクワークなど長時間同じ姿勢の方に多く見られます。

習慣的な適度な運動で改善が見られることもありますが、仕事が忙しい現代人にはなかなか難しいのが現状です。

ご利用者さまの日常での姿勢やクセをお聞きして、理解しアドバイスをすることが、症状を解決する近道になります。

そして、自宅でのセルフケアをすることで改善をみることができました。

予約・お問い合わせ

下記をクリックすると、予約・お問い合わせが可能です。
一人で悩まずお問い合わせ下さい。

  • ・お電話で【ご予約】・【お問い合わせ】の場合は、こちら
  • ・WEBで【ご予約】・【お問い合わせ】の場合は、こちら
  • ・LINEで【ご予約】・【お問い合わせ】の場合は、こちら
山田院長

この記事を書いた人

山田 和也
1974年5月30日生まれ。北九州市小倉南区出身。
【保有資格】
柔道整復師(国家資格)
【経歴】
山口県下関市の整骨院で院長として4年勤務後、地元である北九州市小倉南区で整体院を開業する。臨床経験11年・延べ29400人の施術を行う。(令和2年10月現在)